全件数:12 件 1 2 次へ >> 

2017年8月30日(水) ママカリ、イイダコ、ちょこっと鯛。

みなさん待ちに待った爆釣の季節です。ママカリもイイダコも好きなだけ釣れる季節がやってきましたよ。先ほど僕はイイダコとママカリを肴に晩酌しちゃいました。やっぱり、美味しいですね。イイダコの写真がないのは僕も狩猟本能が目覚めてしまって、一心不乱に釣ってたからです。(反省してます。)ママカリもイイダコも子供と一緒に大騒ぎしながら、海を楽しめますよ。僕もお手伝いするのが大好きです。
是非ともご相談ください。

2017年8月28日(月) イイダコいい感じ、ちょこっと鯛サビキ。

アジは激渋、イイダコは2時間で竿頭さん30杯、鯛は帰り道にダメ元で竿を出したら、お客さん二人で、あっという間に11枚も釣れました。何かに拘るのも、釣りを深く楽しむためには時として必要でしょうが、『釣れるものを釣り易い方法で釣る。』という考え方は釣りの王道の様な気がします。だって、みんなが釣れた方が楽しいじゃないですか。
KAIMARUは常識の範囲なら、何してもOKです。『釣果より楽しさ優先』がKAIMARUの信条です。

2017年8月26日(土) ママカリ、ちょこっと鯛。

ママカリ大漁です。鯛はロクマルでました。
今日は僕もママカリを釣らして頂きました。素焼きにして、三杯酢に漬けたものが、父も母も勿論僕も大好きなんです。

2017年8月22日(火) ママカリ爆釣、ちょこっとキス。

今日のお客様はママカリを主に釣りたいとの要望をいただきました。何か所かポイントを回るうちに良い反応を発見しました。すると、釣れるわ釣れるわ、手返しの良い方は二時間程で、三桁近くいったのではないでしょうか。流石にお腹一杯ということで、キスポイントに向かいました。大潮でキスは難しかったのですが、皆さん5、6匹良型を釣られて、納竿しました。

2017年8月21日(月) 熟年カルテット久々の大漁也。

今日のお客様は熟年の4人組様。平均年齢はナナマルです。台風通過後、パッとしなかった凱丸の釣果でしたが、今日は違いました。
鯛は58、57、54、50、と良型が上がり、竿頭さん6枚、アジは竿頭さん15本、他に良型マゴチ3本と久々の大漁でした。海は相変わらず、濁ってましたが、状況が回復したのか、回ったポイントが良かったのか、お客様が上手だったのか、其の全てが噛み合ったのかは分かりませんが、兎に角結果は万々歳でした。昼過ぎには『もうこれ以上釣っても困る。』ということで、早上がりしました。熟年カルテットのみなさん、流石でございました。

2017年8月19日(土) アジちょこっと鯛ラバ

鯛ラバは56cmは出たものの、数が出ずに苦戦しました。アジはこれまた苦戦。船溜まりになっているポイントでは10本ぐらいしか釣れませんでした。半分ダメもとで、アジの釣れそうなポイントをソナーを当てながら、回っていると、遂にいい反応に地獄で仏、遭遇しました。
そこからは納竿までの1時間半、毎流し、全員の竿が曲がるようなフィーバーが続きました。写真が無いのはいろんな意味で『お祭り騒ぎ』状態になり、全員、ご飯は勿論、タバコや写真を撮る余裕も無かったからです。
PS、今日はタイムオーバーでしたが、巨鯛もウジャウジャ魚探には写っていました。潮が濁っていて、釣りにくいのは確かですが、デカいのが出そうな感じはアリアリです。

2017年8月16日(水) ママカリ泳がせ釣り

お客様のママカリを使って泳がせ釣りがしたい、というご要望に応えて、チャレンジしてみました。結果はエソ二本と惨敗でしたが、経験のないことをするのは何時でもワクワクします。『ママカリの泳がせ』に関してはママカリを釣っていて、何かとんでもないものにサビキごと引きちぎられた経験のある人は多いいはずです。その何かとんでもないものの正体を突き詰めるのもロマンですよね!
流石に丸坊主もつまらんので、サビキで鯛とアジを20匹位釣って、納竿しました。

2017年8月14日(月) 鯛ラバ、アジ。

朝一の一投目で63cm、その後、直ぐに一枚、どこまで続くかと思いきや、潮が止まって、打ち止めでした。その後、アジの釣果は竿頭7本と苦戦しましたが、みなさん楽しそうでした。最後に鯛ラバを再開すると、海釣り初めてのお客様が鯛を上げられて、いい感じの納竿となりました。
PS,今日は乗船者の最年少記録更新、4歳です。途中でお休みタイムはありましたが、一切ぐずったりせずに一日笑顔を見せてくれました。
ありがとう。

2017年8月13日(日) 鯛ラバ、アジ。

鯛ラバは全員複数安打でした。アジも勿論、複数安打です。35cmの大物も混じって、エキサイティングでした。竿頭さん7本でした。

今日とても興味深かったことは4人中3名のお客様が他のお客様を差し置いて、連続ヒットしたことです。敢えて、敢えて理由もなくと言いますが、その人ばかり釣れることが鯛ラバアルアル的にありますが、高校の数学で習った確率を思い出してみると、例えばお客様が6人いて、もし、三連続ヒットしたなら、その確率は216分の一です。それはどういうことかというと、『釣れるのは運じゃなく、理由がある。』ということになるような気がしますが、どう思いますか?

2017年8月10日(木) 鯛ラバ、ちょこっとママカリ。

鯛ラバの釣果は鯛&マゴチのW全員安打でした。鯛は56cm~マゴチは45cm~とサイズの方はまずまずというところでしょうか。
ママカリの方は激渋でした。いろいろ回りましたが、ママカリなら何時でも釣れると思ったら、大間違いです。ママカリは釣れるときに
それなりに釣っておきましょう。
全件数:12 件 1 2 次へ >> 
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
メールマガジン

メルマガ登録はこちら!

ページトップ